DHAとEPAの働きの違いは

よくドラッグストアで、DHAとEPAが同時に入ったサプリメントが出回っています。この栄養素は、共にn-3系多価不飽和脂肪酸で、分子構造もよく似ており、悪玉コレステロールを減らしたり、炎症を抑える効果や動脈硬化を予防する効果があります。

 

いつも一緒に登場して同じように扱われるDHAとEPAの違いには一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

DHAには、脳血液関門を通って、脳神経を活性化して、記憶料を向上させたり、認知症を改善したりする効果があります。

 

EPAにはこの様なことは出来ません。一方でEPAには、血小板凝集抑制効果、つまり血液をサラサラにする効果があり、これは心筋梗塞や虚血性心疾患の予防に効果を発揮します。

 

DHAにも、血液をサラサラにする効果や心筋梗塞などを予防する効果は持っていますが、EPAと比べると、効果は劣ります。

 

この他にも、EPAには、花粉やアトピー、生理痛の改善、中性脂肪の減少、前立腺ガンの予防、乾燥など肌のトラブル改善にも効果があることが分かっています。

 

DHAには、脳への働きかけ、EPAは血液をサラサラにすることが得意とすると覚えると、良いでしょう。DHAやEPAは、共に青魚から摂取出来ますが、そこから1日に必要な分を摂取するには、膨大な量が必要とされています。また、共に酸化に弱い為、酸化を防止する効果があるビタミンEも一緒に含まれているサプリメントも割と増えています。バランスを考えて、きちんと栄養を摂りましょう。

 

魚が苦手な人はコチラの記事を参考にして下さい